ビダンザゴーストシャツ【3つ】の加圧・ダイエット効果【必見】加圧トレーニングのしくみ

【筋肥大!】知っておきたい加圧トレーニングのしくみ

今回、加圧シャツのひとつである
新庄剛志のビダンザゴーストシャツ
(VIDAN the Ghost)
をチェックしていますが、
そもそも、加圧効果って
どうなんでしょう?


新庄剛志のビダンザゴーストシャツは
どちらかというと
ダイエットを目的として
発汗作用に重きを
おいていますが、
加圧により、筋肥大
(筋肉がおおきくなること)
も望めるのです。


そのことがよくわかるのが、
加圧トレーニングのしくみなので、
今回加圧トレーニングのしくみについて
まとめました。

1.加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは、
腕や脚の付け根部分に、
ベルトをまいて、
血流をしぼった状態
トレーニングする方法です。


このベルトによる加圧は、
ひとによって、調整も
しなければならなく、
実は、加圧トレーニングというのは
特許もだされている
特殊なトレーニング方法
なのです。


いちばんの特色は、
最大筋力の20%程度という
低負荷での筋トレでも
筋肉量アップが望める点です。

2.低負荷でも得られる加圧トレーニングの効果

というわけで、
低負荷でも効果がえられる
加圧トレーニングの説明です。


加圧トレーニングは、
ベルトで腕の根元や脚の根元を
ベルトでしぼった状態で、
トレーニングします。


この状態でトレーニングすると、
乳酸とよばれる
疲労物質が体内にたまり、
そのことにより、
成長ホルモンが生成されます。


この成長ホルモンの
作用により、過大なダンベルなどによる
トレーニングをしなくとも、
筋肉がつくのです。


つまり、いわゆる
重い重量による
筋トレをしなくても、
筋肥大をおこすことが
できるのです。


通常、筋肉をおおきくしようとすると
いったん筋繊維を破壊する
必要がでてきます。


というのは、
筋繊維を破壊することで
その後の超回復という
メカニズムにより、
筋繊維は以前より
おおきくなるからです。


つまり、筋肥大するのです。


ところが、
加圧トレーニングの場合は、
ダンベルなどによる
筋繊維の破壊という
過程をふまなくても、
筋肥大を得ることができるのです。

3.加圧シャツの可能性

ということで、
加圧することで、
血流のながれが少なくなり、
結果的に、乳酸がたまり、
成長ホルモンが生成される、
というのが、加圧トレーニングの仕組みです。


加圧シャツとは、
カラダをしめつけるわけですから、
血流はもちろん
しぼられます。


そして、そのことにより
乳酸がたまり、
成長ホルモンが生成されるというのは、
理屈としては同じであると
考えられます。


あとは、ちょうどよい
加圧となっているか?
というところだとおもいます。


現在であれば、
加圧のもととなる、
スパンデックス繊維の
生地の配合率である混紡率により
締め付けの具合がちがうので、
いろいろとためすのも
よいかとおもいます。


参考までに・・・・・


1.新庄剛志のビダンザゴーストシャツ 
  スパンデックス繊維13%


2.TEKKINシャツ
  スパンデックス繊維15%


3.金剛筋シャツ
  スパンデックス繊維20%



>>トップページにもどる

 

サイトマップ